PRODUCT商品紹介

人生の記念樹を植える メモリアルオーダー

意思のあるじゅうたん

星や海や大地の生命力に触れて学ぶことがたくさんあります。GOSHIMA絨毯のセカンドクオリティーとして誕生した「Almond」では、なんと、絨毯が語り始めました。そこから語られることに耳を澄ますと、より深く生きることについて考えるきっかけがあるかもしれません。どんな生き方をしたいか、そして次に続く世代にこの世界の素晴らしさをどんな風に伝えたいか。日々の生活とともに人生の指針となるモノであって欲しい。「GOSHIMA Traditional Collection-Almond-」にはそんな思いが込められています。自然豊かなモロッコの風景を映し出した絨毯は、人生の様々な場面でよき先生、よき相棒となりますように。

メモリアルオーダー

GOSHIMA Traditional Collectionのシリーズ「Almond」。アーモンドの花びらには“希望”という意味があります。人生に生活に希望の木を植える。家族の暮らしの真ん中に植える記念樹は常に希望の花が満開に咲き誇ります。基本となるデザインに対して、鳥の数を変えたり、花びらの色をかえたりできます。ただのカラーリングだけではなく、そこには使い手の意思を入れて世界にただ一枚の絨毯を作ります。

暮らしに人生に アーモンドの木を植える

私たちは昔から身近にある樹木たちに様々な願いを込めて一緒に暮らしてきました。ご神木や記念樹といったものに想いを重ねて大切に見守ってきた文化があります。調べてみると木にまつわるお話しは日本だけでなく世界中にもたくさんあるようです。このアーモンドの木には青年とお姫様の叶わなかった恋の伝説があるとか..病に伏したお姫様のあふれる想いが美しい花にかわり青年を勇気付けたそうで、そのことから「希望」という花言葉がつけられています。それぞれの場所でそれぞれの物語は紡がれていくことと思います。叶うことも叶わないことも、楽しいことも悲しいことも..ご自身ご家族の大切な想い出とともにそっと寄り添ってくれる、そんなシンボルツリーとしてお部屋に迎えいれてもらえたら嬉しいです。

意思のあるじゅうたん

このアーモンドの柄の絨毯は、GOSHIMA 絨毯の2nd Collection「GOSHIMA Traditional Collection」として誕生したシリーズのうちのひとつです。日々の生活とともに人生の指針となるモノであって欲しい。「Almond」の絨毯にはそんな思いが込められています。お客様が自ら選んで作られた絨毯にはお客様の意思が込められています。遠いモロッコという国との繋がり、色、サイズ、時間。すべて、他に同じものはありません。自然豊かなモロッコの風景を映し出した絨毯に、かけがえのない作り手の意思を添えていきます。

COLOR

大地の恵みで染まる色から紡ぐ物語

草木染めは使えば使う程に経年変化で色が深まり、味わい深くなります。染色前の糸は、毛が汚れておらず、美しい乳白色の色を保っているので、染まりやすく発色が良いのが特徴です。

原毛のままの白色
光のあたり加減で
さまざまな白の世界に包まれる

朝焼け、夕焼け
空があかね色に染まる頃
一日の始まりと、
終わりに感謝する

夜の静けさとともに。
この深い青は、
朝が来る頃、少し明るくなる。
朝の光とともに変化していく。

深い緑の風景の中へ、
冒険にでる。

暖かなオレンジ色の世界に
日々身を委ねて、
柔らかな暮らしと心が、
育まれていきます。

鮮やかな黄色の空に、
希望の風が吹く。

サイズ/価格/納期

  サイズ(cm) 価格 納期
1. スクエアサイズ H200 x W200 ¥ 740,000
(税込¥799,200)
6ヶ月
2. ラグサイズ H230 x W180 ¥ 765,000
(税込¥826,200)
6ヶ月
3. シングルサイズ H180 x W120 ¥ 400,000
(税込¥432,000)
5ヶ月
4. ランナーサイズ H180 x W60 ¥ 202,000
(税込¥218,160)
4ヶ月
5. 玄関サイズ A H80 x W60 ¥ 95,000
(税込¥102,600)
4ヶ月
6. 玄関サイズ B H60 x W80 ¥ 95,000
(税込¥102,600)
4ヶ月
7. ベッドサイドサイズ H45 x W120 ¥ 105,000
(税込¥113,400)
4ヶ月
8. 座布団サイズ H60 x W60 ¥ 73,000
(税込¥78,840)
4ヶ月

上記以外のサイズやデザイン変更については別途料金がかかります。
納期については現地工房の状況により前後します。
仕上がりサイズについては手仕事により±3%ほど前後します。

オーダー

フィールドの色を選ぶ
– 色に想いを込める –

青は鎮静、黄は喜び、緑は平和、橙は幸福、白は神聖など。色には深い意味が込められています。

飛ぶ鳥の数を決める
– 鳥は家族の象徴 –

お父さん鳥は先頭を飛び、お母さん鳥は優しく後ろから子供達を見守る。どんな家族でありたいか。鳥がいつでも指し示してくれています。

花びらに色をつける
-希望の花びら-

家族一人一人が、それぞれの願いを込めた希望の花びらを咲かす。毎日願いを込めた花びらを撫でる。そんな光景のある暮らし。

オーダーの流れ

はじまりのデザイン

一枚の絨毯とともにどんな暮らしがしたいか、この絨毯とならばどんな暮らしができるか、家族みんなで集まって相談します。

家族分の鳥、花びらに4つの願いを込めてオリジナルのデザインができました。

日本から届いたデザインペーパーを織り子さんが織りやすいように“織り図の制作”=デザインの通訳”をしてくれる人がいます。

織り図にそって、時にはそれぞれの感性を織り交ぜて、ひと結び、ひと結び丁寧に織っていきます。

じゃぶじゃぶ洗い、綺麗に仕上げていきます。薬品などは一切使用せず、人の手と確かな目でアーモンドの木が美しく浮きあがってきます。

大きなサイズで約6ヶ月後…
完成!日本へ。

「素敵!」との感動の声とともに1本の記念樹が植えられました。
この木とともにこれからの暮らしが幸せで希望に溢れたものになりますように。

よく晴れた日の芝生の清々しさが大好きで、フィールドカラーには明るい緑を取り入れました。気持ちが落ち込んでいる日でも、この上でゴロゴロすると明るい気持ちになれるように、毎日ピクニック感覚で楽しめるようにと!
鳥の数は家族の人数、芝生の上を仲良く飛び回るイメージです。
花びらはおじいちゃんとおばあちゃん、美しく咲き誇る花びらにいつもあたたかく見守ってくれる2人のイメージが重なります。
鳥も花びらも同じ配色にすることにより家族の絆を強めます。
家族の仲の良さを象徴する一枚になりました。

VOICE

「GOSHIMA絨毯が暮らしにあるってこんな感じ」。出会いや使い心地など、GOSHIMA絨毯のオーナーさんの声を集めました。