PRODUCT商品紹介

美しく花咲き誇る 百花万華

森羅万象・万華鏡のような世界へ

あらゆる現象、宇宙に存在する一切のものを示す森羅万象を、キラキラと輝く万華鏡のような花文様で表現したデザインです。“GOSHIMA絨毯”と“自然環境”はとても密接に関わっています。日々の中で花を活けるように、華やかで優美な一枚の絨毯が新たな暮らしの風景を彩ってくれます。フィールドにはウールを、花のモチーフにはシルクを使用していますので、角度によって色の変化を楽しんでいただけます。

ネパールと日本をつなぐ一枚

絨毯や機織り工房などの手しごとの伝統が息づくネパール。長く続いてきた手しごとの技術と、日本人の中にある潜在的な感性を合わせて上質で気品ある絨毯を作りました。それぞれの国で育まれてきたものはGOSHIMA絨毯として一つに融合され、私たちにより広い視野と多くの発見をもたらしてくれます。

DESIGN

ノバランガ 高貴

No.02
ノバランガ
高貴

藤色は日本人に馴染みが深く万葉集にも藤を詠んだ句は多く、旺盛な生命力や豊かな芳香にちなんで、古来より高貴な色として使われてきました。儚く咲く花の群れがより上品さを醸し出しています。

ニロアカス 青い空

No.03
ニロアカス
青い空

深い青の世界にダイナミックに咲く花たち。一つの房に実る果実のような、また、夜空に浮かぶ花火のような花を表現しています。美しく豊かであるよう、願いが込められています。

ジバントゥリ 生命

No.05
ジバントゥリ
生命

大木に咲く花は命を、灰色の空は無を意味しています。刻々とすぎていく時間の中で、命は淡々と繰り返され循環していく。変わらないものの中で巡る命の循環を表しています。

スリャスタ 夕暮れ

No.07
スリャスタ
夕暮れ

一日の終わりに、今日という日を思う時間が流れています。もうすぐ沈む陽の光にあたり、黄金色に光る花は美しさへの憧れと勇気を与えてくれます。

ジュヌン 情熱

No.09
ジュヌン
情熱

真っ赤な大地に咲く大輪の花。内から燃え上がる情熱の気の中にも、静かなる気品と可愛らしさを感じます。日本の着物のような、西洋のバラのような、和洋どちらとも言えない魅力が漂っています。

スージャ 白無垢

No.010
スージャ
白無垢

全ての始まりがここにあります。白の大地に浮かぶ花々は、水の分子のような、タネのような、また、遺伝子の集まりのようにも見えます。汚れなき純粋無垢の世界です。

ブラハマンダ 宇宙

No.011
ブラハマンダ
宇宙

宇宙に漂う無数の星たちが様々な色を自ら発光し輝いています。爽やかなライトグリーンの風に吹かれ、その輝きは常に動いています。こぼれ落ちる宝石を集める旅に出ます。

アミティバ 円満

No.012
アミティバ
円満

小さな花たちが集まり一つの円になりました。角はなく、それぞれに寄り添いかたちづくられた円形に調和と穏やかさを感じます。小さな花々で大輪の花が咲きました。

FRINGE DESIGN

“ 花鳥風月 Kacho Fugetsu”

絨毯に付くフリンジ部分には「花鳥風月」を表したデザインが施されています。
日本の美学における伝統的な自然美のテーマを軸に、ネパールと日本をつなぐ印として織り込まれています。

サイズ/価格/納期

価格(税別)

¥350,000(No.01-No.09)
¥380,000(No.010-No.012)
サイズ
200cm×140cm
素材
wool,silk
納期
4ヶ月
生産国
ネパール

2020年1月 『Carpet Design Awards 2020』 出品作品。
国境を越えて集まった TEAM GOSHIMA の英知を結集した作品です。

深い青の世界にダイナミックに咲く花たち。
一つの房に実る果実のような、 または夜空に浮かぶ花火のような花を表現しています。 美しくいつまでも豊かであるよう 願いをこめたデザインです。

日本の心である 「わびさび」 を表現するために余白のバランスを大切にし、 華美にならないことを考えました。 余白があることにより柄が引き立ち、 また柄の大きさは余白の重要性を高めています。

余白部分はインディゴで染めています。
日本では古来より手ぬぐいや暖簾などを藍で染めて愛用したりと、 藍を重用してきた歴史があります。 また、 歌川広重をはじめ多くの絵師が用いたことから海外では 「ジャパンブルー」 とも呼ばれていました。 その藍により余白美を日本の美しさとして表現しています。

さらに、 五角形にちりばめられた文様は、 仏教と共に日本に影響を与えたサンスクリッド(サンスクリット)を表現し、それぞれ地、 水、 火、 風、 空といった魔除けの意味を持たせています。
絨毯の内側すなわち絨毯の上にいれば、 安心してすごせるように、 悪い環境から守られるという意図を組み込みました。

フィールドには上質なウールを、 花のデザイン部分にはより美しく見せるためにシルクを使用しており、 角度によって色の変化をお楽しみいただけます。
さらに美しく際立たせるために、 デザインのアウトラインにエンボス処理 ( 浮き彫り加工 ) を施しています。 極めて小さい丸いデザイン部分は、 高度なエンボス技術が必要で、 熟練された職人のみ加工ができます。

華やかで優美なこの一枚が、 日々の中で花を活けるように新たな暮らしの風景を彩ってくれることと思います。

【produce】 Sanpousha
【design】 Akane Kobayashi / BRIDGE
【size】 W170×H230 cm
【material】 Wool & Silk
【price】 630,000円(税別)

新しい居場所に咲いた花
人も猫も、みんなが居心地の良い場所を

4ヶ月の制作期間を経て、新築の自宅完成のタイミングとともに届いた一枚の絨毯は、約3畳ほどの畳の間に敷かれました。新しい家の中で、どこを居場所にしようかな?と考えて、なんとなくリビングのダイニングテーブルの辺りにいてみたけれど、GOSHIMA絨毯の登場によってこの和室がひとつの「居場所」となりました。「ペットがいるからうちには敷けないわ」という声もよく聞きますが、そんな心配をよそに、家族の中で誰よりもゴロゴロと気持ち良さそうにしていたのは、猫ちゃんでした。家族みんなで「気持ちいい」「心地良い」を共有できる特別な場所で、たくさんの思い出を重ねていくことでしょう。

VOICE

「GOSHIMA絨毯が暮らしにあるってこんな感じ」。出会いや使い心地など、GOSHIMA絨毯のオーナーさんの声を集めました。